熊本大学医学部合格 O,S 君

僕はもともと国・英が大の苦手だったので、初めから大学入試は理数で勝負するつもりでした。そのため今から3年前、熊高に入学すると同時にこの考和塾に入りました。

幸造先生の授業では、ただ解法を学ぶのではなく、その解法に到るまでの論理的な考え方・数学の本質的思考を教わることができました。
学校で学ぶことのない内容を学べたこと、これが3年間で数学を入試で戦えるまでに伸ばすことの出来た要因だと思います。

とはいえ、センターでは問題の国英が崩壊し、センターリサーチではE判定…。
しかし、2次試験までの残り1ヶ月の間に受けた特訓やプレテストのおかげで、奇跡的に合格することが出来ました。この1ヶ月間は本当に充実したものになりました。

さて、考和塾には他の塾にはない特徴があります。それは”雰囲気”です。
他の塾と比べれば、「気の抜けた」とでもいうのか、「どこか締まりのない」という雰囲気かもしれません。
ですが、その雰囲気であるがゆえに、分からない問題を教えあったり、難しい問題を一緒に話しあったりということが気兼ねなくできました。
時にはバドミントンや野球をし、時にはクリスマスケーキを食べたり、花火をしたりと、みんなで楽しく”息抜き”も出来ました。
「受験は団体戦」と誰かが言う今のご時世では、このような雰囲気がむしろ一番よいのではと思います。

3年間部活に明け暮れて、その後もいろいろと遊び、結局本格的に受験勉強に取り組み始めたのが体育祭の後からという状況の僕でしたが、それでもここまでこれたのは、最後までご指導頂いた考和塾の先生方を始め、両親、互いに切磋琢磨しあった友人たちのおかげだと思っています。
本当に3年間ありがとうこざいました (^O^)v